不動産売却

愛媛県 マンション買取

愛媛県のマンション買取の状況とその土地の特長について

愛媛県は四国地方にあり、温暖な気候が特長である。県内の人口は全国で28位の約141万人となっている。面積は全国で26位の都道府県となっている。人口や面積を見たときに、平均的なところとなっているが、マンション買取の面で土地価格などを見たときに、四国地方で一番大きな都市といえる。マンション買取では、取引もほかの地域と比べると、活発に行われているという傾向がある。愛媛県は全国で15位の坪単価が1坪25.2万円となっている。その中でも一番高いのが松山市となっている。ほかの地域と比べても高い値が付きやすいと言うことで、これ以上値下がりしないように時期を検討して売却するのが得策である。2014年1月から3月に大きな住宅の取引があり、その後住宅価格は下がっている。しかしここ2年ほどで再び上昇している。住宅の取引件数は横ばいで、最も多いのが築20年以上で3LDK以上のマンションとなっている。これに比べて一戸建て住宅の取引はそれほど活発ではない。